【失敗しないランドセルの選び方2.】子供の意見に耳を傾けてあげましょう

失敗しないランドセルの選び方第二弾のアドバイスは、
『お子さんの意見に耳を傾けてあげましょう!』という事です。

何を当たり前のことを言って…と思われるかもしれませんが、ついついランドセルを選ぶ際に価格や自分の好み、ママさんたちの評判等が先行し、子供の意見をないがしろにしてしまうものです。

今回は、お子さんに聞く3つのランドセル選びのポイントをご紹介します。
ランドセル選びを楽しもう

ランドセルの色

【失敗しないランドセルの選び方1.】お子さん、お孫さんに喜ばれるランドセルの選ぶ7つのチェックポイント!でご紹介したように、ランドセルの色は今や赤と黒だけではありません。

最大で24色あるブランドもあるくらいです。どの色が好きなのか、6年間使っていけるのかをお子さんの意見も含めながら一緒に選んでいってあげましょう。

color

ランドセルのデザイン

ランドセルのデザインも近年、大きく進化しました。
ララちゃんランドセルでは、基本的なデザインの『あい』、花柄のデザインが入った『エンジェル・ララ』、スタイリッシュなデザインの『キララ』等、様々なデザインのモノが取り揃えられています。

variety-of-rarachan

中でも私がオススメなのが上品なデザインの『ティティ・エ・ティティ』です。私立のお子さんの制服にも合うデザインでとても人気だそうです。

→今すぐララちゃんランドセル紹介サイトを見る

お子さんやお孫さんを連れて試着会に参加してみたり、カタログを見ながら、どのランドセルが良いか、6年間使い続けられるかを聞いてみるというのも、考える力を養うのに良いかもしれませんね。

背負いやすさ

実際に展示会に参加した際にお子様に必ず聞いておきたいポイントとして、ランドセルの背負いやすさというポイントがあります。
お子さんの負担が少ないランドセル
どんなにデザインが優れていたり、色が好みでも実際に背負って見た時にお子さん、お孫さんが違和感を感じてしまっては仕方ありません。可能であれば、教科書と同等の重さの書籍を持参し、実際に荷物を入れて見た時の感覚を確かめられると良いです。

ハネッセルのランドセルは、3Dパットが内蔵され、荷重分散(負荷が肩や腰に集中しないように分散)されるようになっていたりと、従来のランドセルと比べて負荷が少なくなるよう設計されているものが多いです。

その為、背負った感覚もメーカーによって大きく異なる為、背負って見た時の感覚も大切にされると良いでしょう。

6年間ランドセルを使うのは、お子様・お孫様自身です。お子様のご意見や感想を参考にしつつ、ランドセルを買うという一大イベントを家族で楽しみましょう!

男の子のランドセルの選び方の記事も参考になりますよ!

コメントを残す