子供の使い勝手を知り尽くした職人による手作りの池田屋の『ぴかちゃんランドセル』

このサイトに訪れたランドセルをお探しのお父さん、お母さんの多くが職人の妥協の無いこだわりや徹底したお子様への配慮に感銘を受け、鞄専門の池田屋さんのランドセルを最後に手にしています。世の先輩お父さん、お母さんが納得した理由をご紹介しましょう。

1.デザイン

外見の為に機能を犠牲にしない、機能の為に外見を損なわないというポリシーでデザインされた池田屋のランドセルは他のランドセルと比べてシンプルで無駄のない上品な印象を受けます。結局、こういったシンプルなデザインが成長に合わせて味が出て、6年間使えるものなんですよね。

ikedaya

最初はカワイイ色や刺繍に目を奪われがちですが、小学1年生から6年生まで使えるのはなんだかんだでシンプルで飽きの来ないデザインになります。

2.背負いやすさ

軽くすだけでなく、重さを感じさせない為の創意工夫
一番負担のかかる背負いベルトはイタリア製の牛皮を使っています。伸縮性に優れ、体型に馴染みやすいのが嬉しいですね。

3.背アテの汗ムレ防止

夏場などは、ランドセルの背アテがお子さんの背中の汗と相まってムレてしまいがちです。その為、池田屋のぴかちゃんランドセルは、汗ムレを防ぐために背アテを通気口のある防水素材【ピンホールクラリーノ】を採用しております。

この背中部分に牛皮のみを使用してしまうと、背中の汗と牛皮で汗ムレが発生してしまい、異臭やカビの原因になってしまいます。

 

4.耐久性

素材を考え、構造を工夫し、加工には決して妥協しない。丈夫さのわけは職人による手作りのランドセルは変型を防ぎ、6年間綺麗な形を保ちます。

ライ論樹脂版、タフテル、ハイパー樹脂フレーム、変型防止ネームプレートで4重補強された変型防止構造なのはぴかちゃんランドセルだけですね。

5.収納力

ikedaya25時間分のノートと教科書にペンケースに給食袋や体操着袋等、小学生の荷物は思ったよりも多いんです。その為、軽い=週能力の無いランドセルでは、お子さんの荷物が入りきりません。

池田屋のランドセルは、内寸で横幅23cm×高さ31cm。A4サイズよりひと回り大きくなったフラットファイルがすっぽり入る大きさです。これにより、手荷物が減り、お子さんの両手が空くようになります。

池田屋の鞄専門店のこだわりはこれだけではありません。

1つ1つのこだわりを知れば知るほど、お子さんへの思いが伝わってきますよね。これだけのこだわりが詰め込まれているなら、大手量販店の格安ランドセルを選ぶよりぴかちゃんランドセルの方が断然良いという事が分かりますね。

参考:池田屋 ランドセル  公式サイト

コメントを残す